レストア

エンジンチェック

 

エンジンチェック

GTRのリフレッシュを考えている方へ!
エンジンが先か、足回りが先か悩んでいませんか?どちらを優先するか、まずはエンジンチェックしてみませんか?

 

当店で行っているエンジンチェックを紹介します。

 

EGcheck011

 

EGcheck018

 

EGcheck012

★ 内視鏡(エンジンスコープ)によるシリンダーチェック!
モニターによりお客様も見ることが出来ます!

 

 

 

 

タービンブローを経験したエンジンの殆どは、タービンの破片を噛み込んだ縦傷があります。

 

エンジンを長時間始動しなかったエンジンは、シリンダーが錆びていることがあります。

 

どちらも程度によってはシリンダーをボーリングして、ピストンをオーバーサイズにする必要があります。

 

又、エンジンスコープによりバルブもカーボンの付着や当たり具合も確認できます。

EGcheck014

 

EGcheck013

★ コンプレッションゲージによる圧縮圧力チェック!

 

 

ピストンシリンダー、バルブに不具合があると圧縮圧力は上がりません。

 

10kg/cm2以上は欲しいところです。

EGcheck015

 

EGcheck016

★ エンジンリークテスターによるリークテスト!

 

 

圧縮圧力が低かった場合、どこから圧縮が漏れているかを調べます。

 

 

よくエンジンは10万km走行でオーバーホールが必要みたいなことが言われていますが、定期的なオイル交換をしているエンジンですと20万km走行してもシリンダーは綺麗なものです。
ただしバルブは走行距離に比例して傷み、これによって圧縮が下がります。

 

走行距離が少ない車ですとエンジンの程度が良いように思われがちですが、長時間エンジンを掛けずにいた車ですとシリンダーが錆びて、酷いものはシリンダーの一部がえぐれてしまっている物があります。

 

今、第二世代GTRに乗っている方の殆どは中古で購入したと思うので、前のオーナーのメンテナンスがしっかりしていたかどうか分からないと思います。

 

これからも長く乗り続けていくため、エンジン・足回り・ボディー・内装などのリフレッシュをしようと考えている方へ、
一度に全部リフレッシュするとなるともの凄い金額になってしまうため、どこからやるかの順番を決めるために一度エンジンチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

・RB26DETTエンジンチェック代 ¥18,000(税別)です。

 

関連ページ

デジタルGセンサー
Gセンサーを交換する事により、20年前の4WDシステムが現代のシステムに進化します。
32.33GTR点火系リフレッシュのお勧めプラン
年式や走行距離でトラブルが多く出ている点火系。 ぼちぼちリフレッシュをと考えている人に提案です。
ロールセンターアダプター取付とフロントハブベアリングの交換
32GTRにミドリ整備のロールセンターアダプター・オフセットタイロッドエンドとトランスバースリンク(ロアアーム)を取付けます。
32GTRの足回りリフレッシュ
ブッシュ類だけでなく、ベアリングやボールジョイントのすべてを交換します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ オリジナルパーツ パワーアップ レストア シャシー メンテナンス トラブルシューティング